物損事故の損害賠償


物損事故のままでは慰謝料の請求が難しくなってしまいますが、損害賠償の請求は可能です。それでは賠償費目にはどういったものがあるのでしょうか。破損した車両に対する修理費用の請求が出来ます。しかし、際限無く修理費の請求は出来ません。必要性があり、なおかつ相当性の認められる範囲でなければ請求出来ないので注意しましょう。

費用そして、物損事故によって全損してしまうことも考えられますが、これには物理的全損と経済的全損の二種類があります。物理的全損とはあまりに損傷が酷いことから、修理不可能な状態の損傷です。そして、経済的全損とは修理は可能なものの、修理費用が買い替え費用を上回ってしま状態を指します。全損してしまった場合は車両の時価額が賠償額として認められるのです。また、買い替えには諸費用がかかることもあるため、時価額に買い替え諸費用が追加される場合もあります。

また、いくら修理をしたとしても外観や機能が著しく低下することもありますが、そういった評価損が認められることもあります。しかし、評価損が認められるには高級車で新しい車両である必要があるのです。そして、評価損が認められるのは修理代の10%~30%となっています。