人身事故に切り替える


交通事故には人身事故と物損事故があり、加害者が任意保険に加入していない人身事故でしたら、自賠責保険から最低限の保証を受けることが出来ます。しかし、これが物損事故になってしまうと賠償金がもらえないということも考えられるのです。さらに、交通事故が物損事故として処理されてしまうとケガが軽度であると考えられてしまい、治療費の支払いが短期で終了することもあります。そのため、大きなマイナスになってしまうのです。

診断書そういった場合には物損事故を人身事故に切り替えることをおすすめします。交通事故による被害は事故直後に分かるものではありません。特にケガが見当たらなかったとしても、数日後に痛みが感じられることもあるのです。そういった場合は物損事故から人身事故に切り替えましょう。

物損事故から切り替えるには、病院へ行って人身事故に切り替えるための診断書を作成してもらいましょう。そして、その診断書を警察署に提出して人身事故に切り替える手続きをしてください。物損事故のまま処理されてしまうと被害者にとって大きなマイナスになってしまいます。そのため、たとえ軽傷だったとしても物損事故から人身事故に切り替えてもらいましょう。