物損事故の損害賠償


物損事故のままでは慰謝料の請求が難しくなってしまいますが、損害賠償の請求は可能です。それでは賠償費目にはどういったものがあるのでしょうか。破損した車両に対する修理費用の請求が出来ます。しかし、際限無く修理費の請求は出来ません。必要性があり、なおかつ相当性の認められる範囲でなければ請求出来ないので注意しましょう。

費用そして、物損事故によって全損してしまうことも考えられますが、これには物理的全損と経済的全損の二種類があります。物理的全損とはあまりに損傷が酷いことから、修理不可能な状態の損傷です。そして、経済的全損とは修理は可能なものの、修理費用が買い替え費用を上回ってしま状態を指します。全損してしまった場合は車両の時価額が賠償額として認められるのです。また、買い替えには諸費用がかかることもあるため、時価額に買い替え諸費用が追加される場合もあります。

また、いくら修理をしたとしても外観や機能が著しく低下することもありますが、そういった評価損が認められることもあります。しかし、評価損が認められるには高級車で新しい車両である必要があるのです。そして、評価損が認められるのは修理代の10%~30%となっています。

人身事故に切り替える


交通事故には人身事故と物損事故があり、加害者が任意保険に加入していない人身事故でしたら、自賠責保険から最低限の保証を受けることが出来ます。しかし、これが物損事故になってしまうと賠償金がもらえないということも考えられるのです。さらに、交通事故が物損事故として処理されてしまうとケガが軽度であると考えられてしまい、治療費の支払いが短期で終了することもあります。そのため、大きなマイナスになってしまうのです。

診断書そういった場合には物損事故を人身事故に切り替えることをおすすめします。交通事故による被害は事故直後に分かるものではありません。特にケガが見当たらなかったとしても、数日後に痛みが感じられることもあるのです。そういった場合は物損事故から人身事故に切り替えましょう。

物損事故から切り替えるには、病院へ行って人身事故に切り替えるための診断書を作成してもらいましょう。そして、その診断書を警察署に提出して人身事故に切り替える手続きをしてください。物損事故のまま処理されてしまうと被害者にとって大きなマイナスになってしまいます。そのため、たとえ軽傷だったとしても物損事故から人身事故に切り替えてもらいましょう。

交通事故の物損被害


誰もが交通事故に遭うリスクを背負っているものです。そのため、誰もが交通事故についての知識を身につけておく必要がありますが、交通事故は大きく二種類に分けることが可能で、ひとつは人身事故です。人身事故とは運転手や同乗者、歩行者などがケガや死亡する事故のことです。人身事故であれば被害者側は慰謝料を請求することが出来ます。そして、もうひとつは物損被害と呼ばれるものです。物損被害とは人間に及ぶ被害ではなく、車や物品に及ぶ被害を指します。

物損被害物損被害だった場合も被害者側は慰謝料の請求が出来るように思えますが、そのようなことはありません。これが交通事故の最も大きい注意点と言えるでしょう。物損被害による慰謝料請求は原則的に認められていないのです。しかし、物損被害によって慰謝料請求が例外的に認められたケースもあります。それはどういったケースなのでしょうか。

ひとつは、ペットの犬が交通事故に遭ったことで圧迫骨折となり、後肢麻痺、排尿障害の症状が残ったケースです。このケースでは40万円の慰謝料が認められました。そのため、被害者にとって特別な主観的や精神的価値を有する場合のみに認められると言えるでしょう。

こういった理由から物損被害によって交通事故慰謝料を請求する際は、人身事故に切り替えることで慰謝料を請求することは可能です。こちらでは、物損被害を人身事故に切り替える方法について解説いたします。いざという時のために知識を身につけておきましょう。